2021/12/09
マキノ『メタセコイア並木』散策
今年最後の遠足を紅葉鑑賞しながら、琵琶湖一周しました。

何と言う事でしょう!!
今回も前日は雨風の嵐、当日は季節今年一番の暖かさ、紅葉真っ最中のお天気。

コロナ禍に入り最高の人数17人で、まずはマキノ町『メサセコイア並木』へ。

道路の両側にメタセコイヤ並木、すっかり紅葉し2.4Kmの見事なまでの並木トンネル。

ゆっくりトンネルを散歩する予定をしていましたが、車も置けず車の中から写真を撮る人、または車に並走して並木道を散策する人と‥‥満喫しました。

2021/12/09
琵琶湖湖畔で昼食
交通大渋滞でスケジュールも大きくずれ込みました。

お昼も大きく過ぎ、マキノ駅に車を置いて《恋人の聖地》琵琶湖湖畔で前回訪れた竹生島を見ながら昼食をとりました。

2021/12/09
1時間半遅れ安土町の教林坊へ
西暦605年、聖徳太子によって創建されたと伝わり、林に囲まれた地で教を説かれたことから「教林坊」と名づけられました。

別名「石の寺」と呼ばれるほど、山畔は石組で覆われている。

指定文化財名勝に指定されているヨシぶきの書院及び、枯れ滝・鶴・亀の巨石を用いた桃山様式を象微する池泉庭園は見事。

その上に苔、その上に紅葉した紅葉、それを照らすライトと
この期間中のみ開園されている紅葉を満喫しました。

2021/11/02
『琵琶湖竹生島・宝厳寺』散策
コロナ感染緊急事態で、2ケ月間も遠足を延ばしていました。

緊急事態も解け秋晴れに恵まれた暖かい一日、琵琶湖に浮かぶ

周囲2Kmの小さな無人島、竹生島へ行ってきました。

湖岸からも確認出来る(湖岸から6Km先)竹生島は、近いと思え

ど長浜港より船で30分もかかりました。

2021/11/02
竹生島は、天女降り立つ浪漫の島
県民なら一度は行ってみて自慢したい、琵琶湖の第一パワース

ポットでもある。

竹生島は、宝厳寺(日本三弁才天・西国札所第30番)へ多くの人

が訪れる神の島。

2021/11/02
本堂まで急な石段165段「宝厳寺」
宝厳寺は、天照皇大神が江州の湖中にある小島に建立せよとの

お告げで出来た寺。

本尊は、弁才天と千手観音と都久夫須麻神社で祀られている国

宝である。

急な石段165段(祈りの階段)を登り、400年以前の鳥居をくぐり

やっとたどり着ける宝厳寺。

たどり着いたら有難く手を合わせ、願いが届くようにお祈りし

ました。

2021/07/02
琵琶湖大橋を歩いて渡ろう
この梅雨時、雨予報で心配していましたが歩いている時は、雨も降らず暑くもなく気持ちよい風が吹き、梅雨中の遠足日和となりました。

まずは、近江八景「堅田落雁」で知られ広重の浮世絵に描かれた湖国随一の景勝地海門山満月寺・浮御堂に行きました。

400年、600年とも言われる見た事の無い大松をくぐり、琵琶湖に浮かぶ浮御堂を一回り。この御堂は千躰の阿弥陀仏が刻まれており湖上の安全と衆生の魂の成仏を願っている。

私達もコロナの終息を願いつつ、次のメインの琵琶湖大橋へ向かいました。

2021/07/02
やっぱり琵琶湖って大きいなあ
車では琵琶湖大橋を渡ったが、歩いて渡ったと言う人は何人いるだろうか。

日本最大の湖・ (670.3Ku) 琵琶湖大橋の登り歩道1.4Km。海抜84.37m(最高=26.3m)を一気に歩いて渡り切りました。

車道60Kmで車で走っておれば、「琵琶湖周航の歌」のリズムが聞こえる所もあり、天空から琵琶湖を見下ろした気分を味わいました。

2021/07/02
次は琵琶湖博物館へ
400万年の昔に誕生した琵琶湖(日本で一番大きい古代湖)の全てが解かる滋賀県立琵琶湖博物館へ。

是非行って、琵琶湖の歴史、生き物、生活・文化を知ってください。琵琶湖の凄さがわかります。

2021/07/02
最後はあじさい園へ
最後は、日本と西洋のあじさい1000本が咲く世界のあじさいの殿堂「もりやま芦刈園」へ。

色々な種類のあじさいを、パンフレットを見て探しながらゆっくり見て回りました。

1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 >

- Topics Board -